2022年6月23日 3年環境体験 稚鮎の放流

  623日は、3年生の環境学習で稚鮎の放流に近くの加古川へ行ってきました。

加古川漁業協同組合の皆さんが、早朝より大きなコンテナ水槽に入れて、約7000匹の稚鮎を準備してくださいました。数匹ずつバケツに入れてもらい 「大きくなって帰ってきてね~!」と言いながら、稚鮎を放流しました。

 


 

 

 

 

 

子どもたちは、初めて見る稚鮎に目をきらきら輝かせていました。

人間がそのままの手で稚鮎に触ると、熱くて死んでしまうと知り、川の水で手を冷やしてから、そっと川へ放していた姿に感動しました。

 また、「加古川には、空き缶やゴミが落ちている。」というお話を聞いて、振り返り作文に「私は自分が大人になったらゴミを捨てずに拾う人になりたいです。」と書いていました。きれいな川でしか生きることのできない鮎の気持ちや命、校区の自然について考える貴重な体験となりました。

 


 

2022年6月20日 ハートフル弁当と縦割り班遊び

 

620日は「ハートフル弁当」の日でした。早朝よりお弁当を作っていただきありがとうございました。

各教室で心のこもった手作りお弁当をいただいた後、5年生が中心となって班ごとに遊びを相談し、ドッヂボール、おにごっこ等、運動場で縦割り班遊びをしました。ほかの学年の児童とも積極的に関わりながら、のびのびと遊ぶ様子が印象的でした。

子どもたちが遊びを通して、お互いの良さや違いを認め合えるよう見守っていきたいと思います。


 

 

2022年5月21日 かわい小中合同体育祭

 かわい小中合同体育祭「つなぐ~全力で挑む体育祭~」

第1部は「魅せる」をテーマに、学年の演技(リレーと表現)をおこないました。

第2部では、「一体感」をテーマに、縦のつながりを意識した演技(大玉、応援合戦)と、1~9年全員が参加する演技(綱引き)をおこない、小中のかかわりを深めました。

 合同体育祭終了後、体育館で1~9年生が振り返り集会をしました。

 

学年代表さんが、体育祭でがんばったこと、心に残ったことを発表しました。

その後、各縦割り班に分かれて、みんなで自分の思いを発表し合いました。

 

2022年6月3日 オープンスクール

 小中合同サイバー教室

「安心して使うために知っておきたいネットのリスク」について、

NIT情報技術推進ネットワーク、兵庫県警察サイバー犯罪・サイバー攻撃対策アドバイザーの篠原嘉一さんより低学年向け、高学年向け、保護者向けのお話を聞きました。

子どもたちが利用しているスマホのゲームアプリやインターネット、SNSについて正しい使い方を知り、一人一人が安全に使える力を身につけていきましょう。

学習参観のあと、各学級で学級懇談会を行いました。

 

 

保護者の皆様には、ご多用の中、多数ご参加いただきありがとうございました。学校での子どもたちの様子を見ていただき大変励みとなりました。また、学級懇談会では、担任や保護者様同士がつながっていただく機会がもてました。今後とも、連携を密にして、子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

 

 

2022年5月16日 小中合同体育祭紅白練習

 

小中合同体育祭紅白練習

 

河合中学校運動場で、1~9年生が縦割り班で小中合同の紅白練習を行いました。

 中学生のリーダーを中心に、綱引きや応援の練習をがんばっていました。

 体育祭スローガン「つなぐ~全力で挑む体育祭~」紅組、白組それぞれの「つなぐ」が進行中です!

 

1、2年生のダンス(表現)練習 

1,2年生が初めての表現演技「かがやけ!みんなの四原色」に挑戦しています。リズムに乗って、楽しく、かっこよく踊り、ジャンプしたりポーズを決めたりする練習に励んでいます。体育祭当日に、一人ひとりの最高にかっこいい姿を披露できるようみんなで一緒に練習をがんばります。